棚田克彦先生にお聞きした、子どもへの最適な注意の仕方

子どもに聞いて欲しいこと、して欲しいこと

(例えば、忘れ物をしないで欲しい、片付けて欲しいなど)を

どうやって注意したらいいのか。

親として、とても難しいことで、一番の関心事なので、

心理セラピストの棚田克彦先生にお聞きしました。

「なんで(いつも)忘れ物をするの?ちゃんと確認しなさい!」

ムキーッ

という言い方だと、
自分はできない。できない子。
という風にすりこまれます。


「(いつもちゃんとできてるから)今日も確認しようね」
「今日はできなかったけど、また明日確認してみようね」と、


本当はできる。普段はできる。自分はできる子。
というメッセージを伝えるようにすると良いそうです。


大きな声で怒っても、子どもは恐怖しか感じることができず、脳が萎縮してしまうそうです。


「最初は大変だけど、できると楽になるよ」と棚田先生はおっしゃってました。


自分の気持ちを整えて(ここ大切です)

自己肯定感を育てられるよう、私も気をつけていきたいと思います。

照れ

PAGE TOP